第6話「神様はスローモーション」

時間早送り研究所の博士は長年の研究をついに完成させました。

「博士おめでとうございます。」

「ああ、研究室でブンブン飛んでいたハチを捕まえたくて始めた研究が、まさかの大理論の発見につながるとはな。ハチの世界では、我々の動きは超スローモーションで見えている。小さいものは大きいものよりも時間が早く進む。時間早送り理論じゃ。」

「博士、それでこの巨大な装置はいったい?」

「うむ、助手君、最近起きている不気味な現象は知っているな?」

「はい。大地を裂くかのような大きくて低い、ごーーーーーーーーって言う音が、世界中に鳴り響いています。まるで地球が悲鳴をあげているような」

「そうじゃ、それをこの装置を使って解決するのじゃ」

「と言うと?」

「多分この音は何らかのメッセージじゃ。ワシの解析ではこうなる。

オ……、オ……、イ……、キ……、コ……

「これが何を意味するかまだわからんが、地球からの、いや神様からのメッセージかもしれん。助手君、もし未来に行ければ、解決できると思わんか?」

「未来に行けるんですか?」

「残念ながら、未来に行くことはできんが、この装置の中で時間を早送りすれば未来が早く来る。我々よりも進んだ文明が生まれるはずじゃ。小さいものは大きいものよりも時間が早く進む。我々を小さくすることはできない。そこで、小さな動物に我々の知能を与え、この装置の中の時間を早送りすれば良いのだ。」

「何だかよくわかりませんが、すごそうです」

「まずはネズミを使ってみよう」

博士の作った巨大な装置の中で、知能を与えられたネズミ達は、すごいスピードで進化を始めます。

「見ろ、すごい勢いで世界が進化していくぞ。二本足で立ったぞ、畑を耕しはじめた。村ができたぞ。村と村が争いながら大きくなっていく。国ができた。」

博士の巨大装置の中で、ネズミ文明はどんどん進化して行きます。

「文字もでき、電気も発明し出したぞ。コンピュータの登場だ。インターネットのようなものができてきたな。さぁ、ここから我々がまだ目にしていない未来の世界が展開するぞ。おや、君、見たまえ。このネズミの科学者と助手、私たちにそっくりだぞ。」

博士と助手は、ネズミ文明の中で自分たちとそっくりな二匹を見つけました。

「驚いた、時間早送り装置を使って未来を見る実験を始めたぞ。これは面白い。ちょっと声をかけてみよう。おーい、聞こえるか?」

———–

ゴーーーーーーーー

オーー、オーー、イーー、キーー、コーー

ネズミの博士と助手が話しています。

「博士、また不気味な音が」

「うむ。神様からのメッセージかもしれん。それをこの装置を使って解明するのじゃ」

ナレーター&文 佐々木健

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です